Take Me To Church #2

Meow…

IMG_5972

昨日友人のお宅を訪ねたら、ソファにこんな可愛らしい子猫が寝そべっていました。。。!

*   *   *

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています。

デウスの記

Trees

空と

雲と

木と

大地と

そして

君と僕 - 。

それらすべてを包む空間がとても素敵だ!

*   *   *

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています。

稜線の光

OldShed2

霜が降りたばかりの朝焼けの野原に

祖父の背中を追いかける五歳の私の幻影が映る

 ⁻

麦わら帽子を掴み

キノコ採りに出る祖父の背中に向かって

祖母は一体何と声をかけていたのだろう

 ₋

言い出したら聞かない駄々っ子のように

返事もせずに

祖父は一心に山を目指した

 ⁻

ナラ林の下生えを

音を立てて踏みつける祖父の背中を

私はひたすら追いかけた

 ₋

湿った苔の匂いが沈滞する樹木の枝葉の合間から

傾きかけた午後の日差しが入り込んでも

祖父は前に向かって進んで行った

振り返らずに 

 ⁻

鬱蒼と茂る木々の枝葉の隙間に

わずかに覗く西の空に向かって

翳す私の左手を

柔らかな木洩れ日は包み込んだ

夕刻の稜線を照らす光のように 

 ₋

私は

カブトムシの幼虫と戯れ

飛び交う鳥のさえずりに耳を澄まし

野花を摘んだ

祖父の背負い籠がいっぱいになるまで 

 ⁻

もしかすると

私が吹く笹笛の音は

祖父の耳に届かなかったのかもしれない

 ₋

もしかすると

祖父の小宇宙にも

私は存在していなかったのかもしれない

*   *   *

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています。

Review of Kurt Brindley’s The Sea Trials of an Unfortunate Sailor

thefuturepoet

Review of Kurt Brindley’s The Sea Trials of an Unfortunate Sailor

Paul Xylinides

Before I begin this review, let me first recommend to anyone whom it persuades to read The Sea Trials of an Unfortunate Sailor, that after doing so they further benefit themselves by looking again at their copy of Herman Melville’s Billy Budd, Sailor that I shall, however, quote from extensively. Kurt Brindley’s accomplishment should come into even greater focus when looked at through the lens of the nineteenth century classic novel.

Anyone who has ever experienced the injustice of being condemned by those who characterize their sensitivities in ways fundamentally at odds with their true identity will respond deeply to the travails of Kurt Brindley”s protagonist in The Sea Trials of an Unfortunate Sailor. From a tellingly different perspective the same fate befalls Melville’s hero. One cannot help but feel that there is a lot that is…

View original post 1,337 more words