I found peace in my kitchen…

IMG_5500

窓のある風景

 ある日のことでした。キッチンで食器洗いをしていると、窓の外のプランターの忘れな草に、こんな素敵なお友達が遊びに来ていました。水を出しっぱなしにしたまま、お友達の様子をうかがっていると、ほんの一瞬目が合いました。

 その後も、お友達は、プランターの忘れな草とくっついては離れ、またくっついては離れ。。。

 流し台の皿洗いを終えて再び窓の外を見てみると、いつの間にかそのお友達は、いなくなってしまっていました。

 

IMG_4594

IMG_4592

IMG_4593

IMG_4595

IMG_4598

IMG_4599

IMG_4600

IMG_4602

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています

*   *   *

マリア様からの贈り物

 

 つい最近まで、キッチンの窓辺で、一列に並んだパワーストーンが、燦々と降り注ぐ午後の日差しを浴びて輝いていました。息子たちがひとつずつ集めてくれたものなのですが、午後に流し台に向かう時、それらのパワーストーンを眺めながら、何年も前に、娘が南アメリカのどこかの国でお土産に買ってきてくれたパワーストーンのネックレスや、少女時代に長崎のシスターGが下さったペンダントのメダイのことを思い出していました。

 7月に入ったある日のことでした。コイン・ランドリーへ行った時、その近所にあるグッドウィル(Goodwill)というリサイクルショップに寄ってみると、そこで「グラブバッグ(Grab bag)」を見かけました。500グラムはありそうなずっしりと重たいその袋を手に取って見てみると、透明な袋の中には、小学生の女の子が使ってたのかな、と思わせるようなカエルのデザインの緑色の腕時計、ワイキキビーチの露店だったらひとつ1ドルで売られている貝のネックレスやキーホルダー、薄暗い廊下の奥の黒いビロードのカーテンの向こうでタロットカードをめくる占い師の胸元を彷彿させるようなエキゾチックな石とウッドビーズで作られたネックレス、ビンテージビーズの皮のアンクレットのほか、得体の知れない派手な合金のブレスレットや、コレクターが喜びそうな年号入りの錆びたバッジなどが入っていました。
 最後にこんな袋を見かけたのは7年以上も前だったかな、などと思いながら、プラスチックの袋をゆっくりと回していると、ちらりと、3年前に母の枕元に置いてきた娘のお土産にそっくりのパワーストーンが繋がれたネックレスが見えました。

 顔なじみの若い店員さんに「ぎっしりと詰まっていて中が見えないんだけれど、開けることはできないんですよね?このパワーストーンのネックレスだけ、ちょっと見せてもらいたいの。留め金が付いているのかな、と思って。。。」と訊いてみると、「ごめんなさいね~。グラブバッグだから、外側からだけ見て気に入ったら買ってもらう、ってことになってるのよ。」と言われました。よじれてしまっていてよく見えないこのネックレスは首に掛けたら一体どんな形になるのかな、などと想像しながらじっと透明な袋の中身を見ていると、彼女は、きっぱりと「中にどんな『福』が隠れているかわからないのがグラブバッグの良さなのよ。」と付け足しました。お正月に日本のデパートで見かける1万円の福袋を思い出し、福を売るには安すぎる値を付けてしまい悔やんでいるのかな(Goodwillは、公的扶助を受けている市民、ホームレス、障害者、失業者など社会的に不利な立場に置かれている人々の職業雇用や職業訓練のサービスを目的として経営している非営利団体です。)、と苦笑しながら、小学生位の女の子なら喜びそうな福袋を、ふたつ買うことにしました。
 
 帰宅後、早速、南アメリカで娘が購入したネックレスによく似たくだんのネックレスを袋から取り出してみると、デザインや大きさこそ全く異なるものの、石の色合いは全く同じでした。嬉しくなって、そのネックレスの石の感触をひとつひとつ指先で味わいながらためつすがめつ眺めた後、手前に置いて、祭りの夜店や駄菓子屋で売られているような玩具の首飾りやカエルの腕時計や、チェコビーズやグラスシードビーズの首飾りやごてごてした飾りがついた紛い物の金の腕輪など、中に入っていた品物を次々に取り出して、丸いキッチンテーブルの上に並べていきました。

 数分後、ジャングルの中に迷い込んだのかと錯覚するほど摩訶不思議な造形や色合いの腕輪や首飾りや安物のアクセサリーがじゃらじゃらとひしめき合う袋の中に、私は、バッテリーが切れてしまっているセイコー(SEIKO)社の女性用の腕時計がふたつと、グランマから孫娘への贈り物に違いないロザリオが紛れ込んでいるのに気が付きました。そして、最後に取り出した白いパールビーズのブレスレットには、遠い日に、長崎のシスターから頂いたのと同じようなスターリングシルバーのメダイと、十字架がついているのでした。

 私が「神様からの贈り物」だとか「天国のおかあさんからの贈り物」だといって涙した数日後、テーブルに並べてあった品々をしげしげと眺めながら夫が訊きました。「ところで、この、。。。宝石。。。だとか言ってたかな?一体これらはどうするの?」2袋分ぎっしりとテーブルの上を埋め尽くしていた珍品の数々を一瞥した私が「。。。その他もろもろに関しては。。。、あとで考える。」と答えたのは言うまでもありません。

IMG_3823

*   *   *   *   *

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています

*   *   *

参照:
グッドウィル・インダストリーズ インターナショナル(Goodwill Industries International, Inc.)
住所:15810 Indianola Drive
Rockville, MD 20855
電話番号:(800) GOODWILL
連絡先:contactus@goodwill.org

母からの贈り物

 先日更新した「2束で、幸せ200倍」のブログでご紹介した、夫に買ってもらったリリーの花びらの中に、気のせいか十字架が入っているように見えたのですが、翌日開いた花弁の真ん中には、ほらっ。十字架が!
 

IMG_3991

 今朝咲いた庭の黄色い花にも、真ん中にはお茶目な5つのお星さまが入っていました。

IMG_3898

 そして、少し前に出先から帰宅してみると、土砂降りの雨上がりの東の空に、あざやかなダブル・レインボーが。。。!

IMG_4083

 母のお誕生日の今日、天国の母からのウィットに富んだ3つの贈り物を届けてもらって、明日から、また元気を取り戻してパワフルに過ごせそうな気がします。

*   *   *   *   *

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています

地球にもやさしい暮らし方をしようね

 2ヶ月程前だったと思いますが、近所の食料品店へ行ったとき「10本買えば1本1ドル」で売り出されていた瓶入りのティーを見かけました。ちょうど目の高さにあったので顔を近づけてよく見てみると、大文字で「HONEST TEA(オネスト・ティー;『誠実茶』とでも訳しましょうか。『正直茶』でも良いでしょうか。。。)」と書いてあります。『モロッカン・ミント風味の緑茶』をはじめ、他にも様々な風味のティーが置いてありました。中には、中国に引っ越していってしまったお友達の名前にお茶の名を加えた風味のティーもありました。
 スーパーで、パッケージのどこかに『緑茶(Green Tea)』の表示のある飲物を見かける度に、(日本の緑茶と同じような新鮮な味かな。。。)などという思いが一瞬でも過ってしまう習癖が、この国にお世話になって30年近くも経つ今でも抜けていない自分を反省しながら、ボトルの裏に印刷された栄養表示を読んでみました。お砂糖は5グラムで、やはりそれ以外の栄養価はないにしろ、緑茶にはブルーベリー32個分のEGCG(カテキン)が含有されていることなどが記載されています。表示の一番下の目立たないところに「このボトルも10%のリサイクルのガラスを使って作られた」ことも書かれており、最後の文章だけ緑色で、ちょっと大きめに「どうぞこのサイクル(リサイクル)を続けてください。(Please keep the (re)cycle going.)」とありました。早速10本買ってみることにしました。

 ゴミの日にリサイクルのかごに入れて出せば、安心してすぐにリサイクルとして処理してもらえる瓶ですが、出かける時に、水やアイスティーを入れて水筒として再利用し、出先でリサイクル用のごみとして捨てることもできます。

 素朴な感じが気に入って、空き瓶をキッチンの窓辺に置いて眺めていましたが、先日もらった夫からのブーケの花を一輪ずつ挿してキッチンの窓辺やリビングルームに置いてみたら、家の中がとても明るくなりました。

IMG_3791

IMG_3788

IMG_3803

参照:

Honest tea
連絡先:4827 Bethesda Avenue Bethesda, MD 20814
電話番号: (800) 865-4736

*   *   *   *   *

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています