雑感 ~ 髪をドネーションするということ

 毎日馬が駆け回る牧場の裏で、自分自身もポニーテールで腰の長さになるまで髪を伸ばしてきましたが、先週久しぶりに美容院で、肩までのレングスに髪をそろえてもらってきました。切った長さは25センチです。なぜその長さかって?それにはね、こんな理由があるのです。

 4年半前に、ある病院の待合室で帽子のカタログを見つけたので、帽子が大好きな私は、ページをめくりながら素敵な帽子の数々に見とれていました。ページをめくっているうちに、それが、髪の毛を失った女性のために頭をすっぽり覆うように工夫して作られた帽子や頭髪用のスカーフのカタログであることがわかりました。
 当時も比較的髪が長かったので、自分の髪の毛を切ってかつらにしてもらえるところもあるかもしれないと思い、早速その病院に勤める知人Lさんに、医療用のウィッグを作る機関があるかどうか調べてもらったら、フロリダのロックス・オブ・ラブ(Locks of Love)という非営利団体が髪の毛のドネーションを受け付けているというのです。彼女は、「P&Gのパンテーンでも受け付けていると思うけれど。。。」と付け加えながらも、『ロックス・オブ・ラブ』のほうの連絡先をメールで送ってくれました。Lさんによると、アメリカでは、医療用のウィッグを作ることに賛同し、伸ばした自分の髪の毛のドネーションに協力しようとする若い世代の女性の意識が非常に高いとのことです。
 数日後、美容室へ行って自分の髪のレングスを調べてもらったら、「10インチの長さで受け付けてくれる『ロックス・オブ・ラブ』に送るためには、多分あと半年は伸ばさなければならないけれど、『パンテーン』だと8インチでOKだから3カ月位かしら。たしか、髪の毛の5%以上が白髪だと使ってもらえないと思いますが、まだ大丈夫そうですね。」とのこと。頭髪を失った女の子が私の髪の毛を使って作ったかつらをかぶっている姿を想像しながら、がんばって10インチまで伸ばしてみることに決めたのはいいのですが、ようやく『ロックス・オブ・ラブ』にドネーション用の髪を送ってくれる美容院を見つけるのに、また少し時間がかかりました。しばらく経つと、久しぶりに会った知人Aさんが、ある美容院で送付してくれるということを教えてくれました。彼女も、そこで切ってもらい自分の髪をドネーションをしたばかりだということです。

 こういった経緯で何度か行ったことがあったので、先週再び、春まだ浅いカントリーロードを、メリーランド州パークトンにある『エリザベス・ジェイコブ・スパ&サロン』に向かいました。初めて髪をゴムで束ねて長さを測ってもらった時は10インチぎりぎりだったので、切った後かなりショートになってしまったことを思い出し、今回も短くなってしまうのかな、どんなふうになるのかな、などと想像しながらサロンに到着。
 以前もそうしたように、今回も、ヘアカット前と後の写真を、髪を切ってくれたスタイリストの方に撮ってもらいました。その画像は先日書いた『地球の歩き方・ワシントンDC特派員ブログ』に掲載しました。(こちらをクリックするとご覧になれますので、もしお時間がありましたらどうぞ。。。→ エリザベス・ジェイコブ・スパ & サロン(Elizabeth Jacob Spa & Salon)
 
 2014-03-27 14.59.57-2

 帰宅前に、「最近抜け毛が多いので、あと2年半でまたドネーションできるかどうかわからない」と相談したところ、『Rescue』というシャンプーとリンスで抜け毛が抑えられるということなので、しばらく使ってみることにしました。
 そして、今回は、帰宅後、自宅のコンピューターで『ロックス・オブ・ラブ』のウェブサイトのドネーション・フォームを見つけて印刷し郵送の準備を。。。

2014-03-27 15.06.44
 
 切った髪の毛をジップロック(などのプラスティックかビニール袋)に入れて茶封筒で送るだけです。郵便局へもっていったら、郵送費は1ドル19セントでした。
 
*   *   *   *

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています。

参照:
Elizabeth Jacob Spa & Salon
18821 Frederick Road
Parkton, Maryland, 21120
(410)357-0833

*   *   *
LOCKS OF LOVE
住所:234 Southern Blvd.
West Palm Beach, FL
33405-2701
電話番号:Phone (561) 833-7332
ファックス番号: (561) 833-7962
トールフリー・ナンバー:(888) 896-1588

元気いっぱい、お馬さん!

2014-03-20 18.16.30

 いつもは広い牧場の奥のほうにいがちな白い馬が、久しぶりにフェンスのそばで遊んでいました。
 

2014-03-20 18.16.34

 去年からここに棲みはじめたちっちゃなポニーも、愛嬌よく近づいてきてくれました。

2014-03-20 18.17.03

 3頭、元気よく走り始めました。

2014-03-20 18.17.04

 空気は澄み渡り、さあ、いよいよ春!裏庭用の椅子やテーブルを庭に出そう!、と張り切っていたのですが、明日、あさって、また寒冷前線で外気温が下がりそう。それを知ってか知らずか、3頭の馬たちは、元気いっぱいに、いつまでもいつまでも、土を蹴りながら牧場を走り続けていました。

エリザベス・ジェイコブ・スパ & サロン(Elizabeth Jacob Spa & Salon)
 

ヒヤシンスの花咲く頃

 昨日食料品店に出かけたら、入り口を入ってすぐの陳列棚に、鉢に入れられた春の花が数種類飾られていました。ピンクや白や紫色の花々のプランターの中で、とりわけ私の目を引いたのは、紫色のヒヤシンスのつぼみ。遠い昔、小学校に上がる前の保育園で、机の上に置かれたチューリップとヒヤシンスの球根のうち、ヒヤシンスという名前だけはどうしても覚えることができずにがっかりしながら帰宅した後、私がじょうずに「ヒヤシンス」と言えるようになるまで、母が根気強く教えてくれたことを懐かしく思い出し、店先の数種類のヒヤシンスにじっと見入ってしまいました。

 他の花はすべて綺麗に咲いているのに、この紫色のヒヤシンスだけが、かたくなに咲くのを拒んでいるようにみえ、名前を覚えることができなかった自分を見ているようで、思わず笑ってしまいました。
「遅咲きの花は、そのうちきっと、世界で一番美しい色をみせてくれるよ。」そんな思いで、この鉢を手に取り、持ち帰ったのでした。

2014-03-06 14.17.00

 まだ蕾のままですが、先週届いたオランダ在住の義叔母のカードが置いてあったリビングルームのテーブルに置いてみると、部屋の中が少し明るくなったような気がします。
 ちなみに、英語では、「ヒヤシンス」ではなく「ハイアシンス: hyacinth(s)」に近い発音で呼ばれています。

*   *   *   *

にほんブログ村 アメリカ情報でも、更新記事をお届けしています。